こんばんは!

MJワールドツアーのマンダリンです。

今日は少し気になるニュースが。

 

昨日のミャンマータイムズの記事からの引用です。

Flights from Yangon cancelled due to landing mishap

 

2019年8月2日。

マンダレー発ヤンゴン行きのゴールデンミャンマー航空Y5-506 ATR-72-600が、着陸時にフロント車輪に異常が発見された為、ヤンゴン空港は一時閉鎖となりました。

この日の午後4時半以降のフライトは全てキャンセルとなり、空港では何のアナウンスもなく一時騒然となりましたが、2時間後の午後6時半に閉鎖は解除。

乗客は70名。

特に死傷者もなく無事だったのことです。

同じく今年の5月8日に、乗客約30名を乗せたバングラディッシュの航空機が大雨による視界不良のために横滑りとなり、17名が負傷したインシデントがありました。

 

空港側もこのような事故に重大な注意を払っているようですね。

念には念を入れて。

アナウンスがないのはちょっと残念ですが、東南アジアのどの国でもよくあること。

運悪く足止めになった方には申し訳ないですが、人々の安全を考慮して慎重になっているのは良いことだと思います。

ともあれ、負傷者がなくて良かったです。

 

飛行機の旅も良いですが、運転手付きのレンタカーの旅も良いですよ!

空からは見えない、陸路ならではの良さがあります。

皆様のアイデアとご都合に合わせて、チャーターカーをご用意しております。

ミャンマーにお越しの際は一度ご連絡下さい!

現地に精通したローカルクルーと安心安全の日本人アドバイザーがあなたの旅のお手伝いをさせていただきます。

お待ちしております!

 

下記お問い合わせフォームよりどうぞ!