タミンサーピービーラー(こんにちは!)

ヤンゴンからMJワールドツアーのアレンです。

 

ミャンマーに来て、もう2週間が経ちました。あっという間ですね〜。さすがに挨拶くらいは、アレンもビルマ語でできるようになりましたよ!

「タミンサーピービーラー」

アレンが冒頭で必ず使うこの言葉。実はこれって、実は「もうご飯食べた?」って意味なんですよ!

だけどミャンマー人は、これを挨拶代わりに使うらしいので、アレンも真似してみました!!!ぜひ覚えてみてくださいね!!!

 

今回は第4話ということで、ヤンゴンで唯一の、モン料理について書いていこうかと思います。

ん?

モン料理ってなに?

って思いましたよね。

 

実はミャンマーは135の民族で構成されていると言わていて、その中の一つがモン宗と呼ばれています。

モン宗のお料理、普段食べるミャンマー料理とは違って、なんかレアな感じがしますね!

では、早速みてみましょう!!!

 

img_2956-1

 

JANA MON Ethnic Mon Cuisine

https://goo.gl/maps/uLTNP5Te6vNikfD97

 

店内は暖色の壁で囲まれており、なんだかいるだけでホッとしますね!

アレンは今回友だちとシェアして食べたので、1つずつ紹介していきますね!

まず1つ目は、魚のそぼろです!

お肉のように弾力があり、とっても優しい味がします!

img_2959-2

 

続いて2つ目は野菜と豚のスープ!生姜が入っていて、体の芯からあったまるオススメの一品ですよ!

img_2961-1

 

3つ目は魚のオクラ包み揚げ!

ミャンマーで食べれる料理は、味から作り方まで、本当に日本とよく似ていますね!

img_2960-1

そして最後に頼んだのは、イカの姿焼き!

これ、ただのイカじゃなくて、中にもち米が入っているんです!

もちもちして、とっても虜になりました!

img_2962-1

これを4人で頼んでシェアしても、大体MMK12,000〜16,000(約835円〜1113円)くらいでした!!!

驚きの安さ!

 

ヤンゴンでは色々な食が楽しめます!(しかも日本と比べて安い!!!)

少しお金持ちになった気分で、値段を見ずに注文してみるのも、面白いかもしれませんね!!

 

ヤンゴンに来たらぜひモン料理、ご堪能あれ!!!

では、タッター(またね!)