ミンガラバー!

ヤンゴンよりMJワールドツアーのマンダリンです。

 

10月になると晴れ間の日数が多くなり、時折ゲリラ的に降る雨が有り難く感じるようになりますね。

もうミャンマーの雨季も明けた?と言ってもいい頃合いですね。

今日は先日のゴールデンロックのツアーの様子をリポートしていきたいと思います。

 

今回は4名のお客様と一緒に、ミャンマーのパワースポットの聖地「ゴールデンロック」に向かいます。

20190927_100323.jpg

ヤンゴンを出発したのは朝6時半。

ヤンゴンは6時にはもう日が昇っているので、「朝早いな〜」という感じはないと思います。

20190928_064040.jpg

朝からすっきりと清々しい晴れのお天気!ラッキー!

20190930_162226.jpg

今日のドライバーはケン。

1日安全運転で運行してまいりまーす!

 

今回ご利用頂いたのはトヨタアルファード。

20190928_074656.jpg

車内は運転席を含め6人がゆったりと座れます。

まるでVIPみたいですね。

あ、実際VIPです。笑

後部座席には3人が座れるので、MAX7名乗りとなります。

 

20190928_083954.jpg

ホテルに用意してもらったサンドイッチ。

このように朝が早い場合は、ホテルにダメ元で相談してみてください。

「ねえ、明日の出発が早い時間だから、BOX Breakfastを用意してもらえないかしら?」

やんわりと、あくまでもダメ元で聞いてみてくださいね〜。

 

ということでヤンゴンを出発して約40分。

「ゼロマイル」というサービスエリアでさっそくお手洗い休憩へ。

20190928_074409.jpg

ここはガソリンスタンドを併用しており、綺麗めなお手洗いとレストランが2軒入っています。

20190928_073507.jpg

朝からもう人がたくさん。

メニューはこんな感じです。

20190928_072109.jpg

チャーハン、ヌードル、肉まんなど。

20190928_072056.jpg

エッグタルトやカリーパフみたいなのもあります。

先日のブログヤンゴンで洗車をするなら Shwe Palin Car Wash Servicing in Yangon Myanmarでご紹介したこのお店と同じ系列のレストランですね。

 

メンバーがオーダーしたのはチャーハン。

20190928_073154.jpg

サンドイッチじゃ1日『力』が出ない人は朝からここで済ませてもいいかもですね。

20190928_072931.jpg

なんとしゅうまいもあった。笑

20190928_073309.jpg

あとはミャンマー人に人気のこういったドリンク類も。

指差しでオーダーできて、英語もまあまあ通じるのでなかなか使いやすいサービスエリアです。

 

さて、ここを抜けるとのどかな牧草地に入っていきます。

20190928_085534.jpg

途中、国鉄の線路を渡ったりして、奥ゆかしい景色が。

20190928_084732.jpg

ミャンマーの国土は日本の1.8倍。

こうして改めて走ってみると、広大だな〜と感じます。

20190928_083859.jpg

川の近くには集落が。

20190928_091140.jpg

竹の葉っぱでできた高床式のお家が点々と見えて、のどかな様子です。

ヤンゴン区からバゴ区を抜け、ゼロマイルの地点から約2時間走るとこのシッタン川(Sittang)を越えます。

20190928_092958.jpg

この川を渡るとモン州に入ります。

 

そこで我々が見つけたものは!

20190928_100053.jpg

ポメロ〜!

1個 MMK2,000-(約140円)

20190928_100150.jpg

熊本のザボンくらいの大きさのみかん。

今が旬なんでしょうね。

たくさん軒を連ねていました。

20190928_100340.jpg

ここまで来るとゴールデンロックの麓の町チャイトーまではすぐそこ!

チャイトーのケモンスカ(Kin Phun Skhan)という街で車を降りて、地元のトラックに乗り換えます。

20190928_104358.jpg

日本のトラックを改装したもので、横7人掛けx 6列の席がいっぱいになったら発車。

え、ここって、荷台じゃない?

そうか、我々は荷物と同じカテゴリーなんだね。うふふ。

20190928_110229.jpg

人が集まるまでこのギュウギュウ詰めの席に座らせられて、風通しも悪いので暑い暑い。。

30分くらい待っていっぱいになったのでようやく出発ですよ〜。

20190928_113627.jpg

さあ、しゅっぱーつ。

もう、毎度恒例なのですが、ここでマンダリンはもう笑いが止まらなくて。。

20190928_114632.jpg

タイヤがキュルキュルと鳴って、勢いをつけてトラックが急勾配を上っていくものだから、半分恐ろしくて、半分笑いが止まらない。

20190928_115207.jpg

90度どころか180度のヘアピンカーブをそれはそれは勢いをつけて登っていくのです。

 

ありえないでしょ!!!

 

みたいなスピードなんです。

いつ振り落とされることやら。。

もう終始笑いのトラック内。

20190928_115248.jpg

これが結構ハマるんだよなー。

トラック代 MMK2,000-(約170円)で40分のアトラクションは安いもんだ!

 

ということで約40分のドライブを経て、山頂に着きましたー。

20190928_120821.jpg

ここは約1,000メートルの標高。

日本でいうと軽井沢と同じところですね。

トラックに乗っている時に、空気が変わる様子を肌で感じました。

 

お土産屋さんも自然派のものが多いです。

20190928_120343.jpg

白檀(サンダルウッド)漬けのオイルは肌に塗るんですって。

20190928_120346.jpg

 

道なりにゴールデンロック方面に歩いて行くと、マウンテントップホテルが右手に。

20190928_120546.jpg

 

そこを過ぎると外国人はチェックポイントで入域料 MMK10,000-(約700円)を支払います。

20190928_120634.jpg

中で受付をしてくださったスタッフさんも愛想の良いこと!

20190928_120848.jpg

日本人、韓国人の名前が多かったですね。

20190928_120806.jpg

ちなみにシーズンになるとタイ人の観光客が8割を占めるんですって。

20190928_120731.jpg

マンダリンもたくさん寄付していくから、これからも日本人の観光客さんを宜しくお願いしまーす。

そしてここをもう少し進むとチャイトーホテルが見えてきます。

20190928_121117.jpg

本館は今改装中なんだとか。

20190928_121157.jpg

ここを過ぎるとライオンの像の前に到着。

20190928_122329.jpg

ここで靴やサンダルは脱いでロンジーを履きます。

持っていない人は売店で買うか、貸出を利用して下さいね。

20190928_121808.jpg

と、その前に!

ミャンマーのこの伝統衣装である女子も男子も履いている「ロンジー」の履き方はみなさんご存知ですか??

特に男性はちょっと難しいんです。

それではロンジーの履き方をちょっと学んでいきましょうね。

続きは次回記事の動画でお伝えしていきますね!!

お楽しみに!!

 

つづく