ミンガラバー!(こんにちは!)

ヤンゴンからMJ トランスファーのマンダリンです。

 

ヤンゴンは朝晩16度、日中の気温は28度と快適な気候が続いています。

湿度もそんなに高くなく、マンダリンの髪や肌の調子もすこぶるいい感じ!

ヤンゴンの冬は本当に気持ちが良いです。

 

さて、今日はミャンマーの伝統衣装「ロンジー」を新調したくて、こんなところにやってきました〜!

20191208_135905.jpg

Yuzana Plaza

 

以前、ミャンマー人の友人が結婚式をされた際に、ここにロンジーを仕立てに来たことがあります。

こんな感じです。

20191127_143222.jpg*写真左がマンダリンです

ミャンマーのロンジーは本当に可愛い!

上はピッタリのサイズを少しキツ目に来て、下はウエストを紐で調整します。

腹が出てはいかんのだよ〜。

 

ローカル友人がロンジーならここ!とお墨付きで進めてくれました。

コッテコテのミャンマーデパートの中にあります。

20191208_135854.jpg

前回はミャンマー人の友人と来ましたが今回は一人で挑戦。

さて、上手に買い物できるかな?

 

では早速ユサナプラザへ入ってみましょう〜。

20191208_135921.jpg

今日もたくさんの人で賑わってまーす。

 

さあ、デパートの中に入ると、エアコンもない喧騒の中にひしめくように並ぶロンジー屋さん。

20191208_144522.jpg

もう本当にカラフルでどのお店に入ったらいいか、わかりません。

今回はセットアップが欲しかったので、レディーメイド重視で探してみました。

 

あ、あった!

20191208_142113.jpg

そうそう、こんな感じで2ピースになっているやつ。

可愛い〜!!

20191208_142123.jpg

ロンジーを買うときは試着室などはないので、上からそのまま着られるような服装で行かれた方がいいです。

レディーメイドのデザインや数は少ないので大抵のミャンマー人はゆっくりと時間をかけてオーダーメイドをする人が多いようですね。

それぞれの体型に合わせて、自分の好きな生地を選べば良いのですから。

20191208_142244.jpg

だけど今回はオーダーメイドするまでの語学力がないので、レディメイドを2つ買いました。

一つはコットンでできたもの。

そしてもう一つはストレッチ素材のもの。

 

ストレッチ素材は昔はおばさんが着るものと言われていましたが、最近では洗いやすさと着易さから若い世代の人にも人気が出ているんだとか。

20191208_144218.jpg

マンダリンもいろんなカラーを袋から出してもらってはああでもない、こうでもないと言葉もわからないまま指差しで買ってみましたよ〜。

 

お値段もミャンマーではボッタクリというのはほとんど聞かないので、お店の人に言われた値段をお支払いしました。

20191208_140210.jpg

後でミャンマー人の友人に確認したら

「全然普通の値段で買ってきたんだね、よくできました」

と言われました。

やったー。

ミャンマー人やっぱり好き!

外国人からボろうと思えばいくらでもできるのにね。

20191208_144324.jpg

ちなみにここは女性ロンジーだけではなく、男性もののロンジーも沢山あります。

また、普通のお洋服や下着などもあって、上階には家具屋さんやフードコートもありました。

 

そしてサンダルも買ってみましたよ〜。

20191208_154704.jpgサンダル MMK7,000~(約500円〜)

日本のクオリティと比べてはちょっと硬いのですが、少しずつ履き慣らしてみるといいかもしれません。

20191208_154718.jpg

なかなかロンジーに似合う可愛いサンダルがありましたよ。

皆さんも勇気を出してコテコテのデパートでロンジーを仕立ててみてはいかがでしょうか?

さあ、今日は新しいロンジーを着て新規のお客様を空港までお迎えに行ってきまーす。

 

それではまた!