ミンガラバー!(こんにちは!)

ヤンゴンからミャンマー和響リミテッドのアレンです!

電気とガスが止まったあの日から、3ヶ月が経ちました。この3ヶ月を通して感じたことを、文におこしてみようと思います。

10月1日、アレンはヤンゴンから東京へと逆戻りしてきました。

そして、その日から今でさえも、家の電気とガスは止まったままです。心配した家族や、多くの方からの支えもあり、本当に感謝しています。

そんな生活を乗り越えることができたのも、12月月末に、アレンの実家のある、沖縄への帰省が決まっていたからでした。

沖縄には1週間滞在しましたが、アレンが財布を使う瞬間は、一切ありませんでした。朝起きれば、出来立てのオカンの手料理があり、毎日連続して3食、食べることができました。

どこにいっても、おばーはアレンにカメカメ攻撃をし、おなか一杯にも関わらず、アレンの目の前に食べ物を運んできます。

東京に帰れば、どうせまた食べれなくなる生活が待っていることがわかっていました。だからアレンは無理をしてでも、とにかく口に入れておきたかったのです。

本当に幸せでした。家族がいて、当たり前のように食べるものがあって。

1月3日、また東京へと戻ってきたのです。今日からまた辛抱の期間です。毎朝5時に起きては、玄関で廊下から漏れる光を頼りに、啓発本や、ビジネスの本を読み漁ります。

始発バスに必ず乗り、60食限定の100円朝食へと並びます。

授業以外の時間はずっと図書館へこもり、ひたすら本を読み続けます。

何故そんなに本を読むのか?理由は2つあります。

1つ目は、アレンはお金はないけど、時間はあるからです。アレンもたくさん稼げるようになると、お金であまり困らなくなると思います。でも、その時には、アレンは何歳でしょうか?

年を取るにつれ、お金が増え、自分の時間が減ってしまうなら、若い今の時期に、時間をかけて本を読むことが、今できることだと感じています。

2つ目は、アレンはヤンゴンでビジネスを始めるからです。2020年2月17日をもって、アレンは日本で生活することを辞め、東南アジアで人生のチャレンジをします。

アレンが日本に帰る理由は、家族やお世話になった方々に会いに行くこと。そして、本を読むためだけです。

快適さも日本食もいりません。海外に飛び立つ前に、できるだけ多くの本と出会いたいと考えています。

今日だって、閉館のギリギリまで図書館にいました。その足でマクドナルドへ行き、チキンクリスプとお水を頂きます。

img_5391

マクドナルドには本当に感謝しています。100円を支払えば、暖かい店内で関東の寒さをしのげます。椅子と机があり、電機の下で本が読めます。トイレもあるし、何といっても充電ができるスペースがあります。

現代ホスト界の帝王ROLANDも、昔はコンビニで一番安いパンを買って、ちぎって大事に食べていたみたいです。

クリスプを食べるたびに、悔しさがこみ上げてきます。毎日食べると身体に良くないことは分かります。体が資本なのはわかります。でも、今はそうするしかないのです。

1口1口食べながら、どうやったら二度とこれを食べなくても、生活できる大人になれるのか?毎日考えています。

銀行に行けば、お金をおろして、今晩の食事をどんなに贅沢なものにできたか。でも、そのお金はあと1年、大学へ通うためのものであり、そんな一瞬の甘えは許されません。

今日のお昼、日本学生支援機構に、奨学金継続手続きをお願いしてきました。無事に今年も奨学金を借りることができるみたいですが、アレンは500万の借金を抱えて社会人になるみたいです。

奨学金に感謝ですね。これ無しでは今まで何もできなかつたと思います。借金を背負って、やっとスタート地点に立てそうです。

アレンはお金持ちになります。意地でもなります。たくさん稼いで、500万なんてとっと返して、おばあちゃんの家の壁をなおします。

次に大きな地震が来たら、あの壁は崩れてしまうでしょう。

沖縄に帰れば、たくさんの問題が見つかります。そのほとんどがお金で解決できます。だからこそ、みんなのためにお金持ちになりたいのです。

そして、アレンにご馳走してくれた方々。待っててください。必ず何倍にも大きくして、アレンが美味しいものをご馳走しに行きます。

アレンは負けません。

誰よりも成長して、誰よりも稼いでみせます。

だからその時まで待っててくださいね!

2020年もMyanmar Wakyo Limited を、どうぞ宜しくお願いします。

では、タッター!(またね!)

MYANMAR WAKYO LIMITED

We provide charter car/ customized tour, special inspection in Yangon, visa/migrating support in Myanmar with warm- hearted English /Japanese /Burmese speaking specialists.

ミャンマー・ヤンゴン発の観光チャーターカー、視察ツアー、移住サポート、各種ビザ取得、代行手続きなどアレンジしております。現地に精通したおもてなしローカルのスペシャリストと安心の日本人スタッフも常駐しております。