ミンガラーバー!(こんにちは!)

ミャンマー和響のマンダリンです。

 

世界で長引く自粛生活をみなさまいかがお過ごしでしょうか?

もう本当にいい加減イヤになってきますね。

早く世界が元の状態に戻って、お仕事を通常営業に戻したいです!

その光の扉が開く瞬間を虎視眈々と待って、今できることを目標を持ってやっていくしかないですね。

 

今日はマンダリンが自粛中に考えていることや、今後の未来に向けて何を対策しているかを少しお話ししたいと思います。

 

マンダリンの自粛生活は、

❶ インプット

❷ 健康維持

に焦点を当てて日々を過ごしています。

 

インプット:ミャンマー語を勉強すること、経済の流れの予想を立て投資案件を探すこと

健康維持:1日2食に絞り体重を維持する

 

今はミャンマー語の文字をとにかく書いて書いて書いて覚えています。

wp-1588216893272.jpg

 

ミャンマー語は日本人にとって発音が聞き取り難く、一度聞いただけではなかなか覚えられない言葉

視覚から暗記した方が楽なマンダリンとしては、とにかく書いて一つの文字の発音に忠実に沿って復唱しながら文字をひたすら描いています。

時間はたっぷりあるので、焦らずゆっくり書けます。

学生の頃とは違い、この年にもなるとなかなか覚えられません。

だけど、人間は7回覚えて7回忘れると、8回目以降は一生忘れないと言われています。

ミャンマー人も学校で、とにかくこの丸文字を書いて書いて覚えていくそうなんですよ。

 

ときどきこの文字が餃子ワインに見えてきて、気分転換に餃子を作ったりしていますが、マンダリンは諦めませんよ!

wp-1588219368446.jpg*ミャンマー文字も顔負けのマンダリン餃子

 

そして次に健康維持のために行っているのが食事管理です。

よく自粛でコロナ太りという言葉を耳にしますが、こういう時こそお酒を飲みすぎたり、食べすぎたりしてしまうので注意です。

 

自粛期間中はあまり体力を消費しないので、マンダリンは1日2食にしています。

午前中11時頃にブランチをとって、午後5時頃に夕食を摂ります。

仕事がない引きこもりだからこそできる食事の時間設定ですね。

起きている間の指定した6時間の間に食事を済ませ、それ以外の時間は内臓を休ませるという1日プチ断食のようなものです。(7~8時間の間でも良いと言われています)

こうすることによって、睡眠時間に消化機能の止まった内臓もしっかりと休ませることができるので深い睡眠が得られるといいます。

 

今のところ自粛生活が始まってから体重の変動もなく、マンダリンはボディマス数値BMI(Body Mass Index)を『19』に保っています。

MBIの計算の仕方は🔽こちら🔽のリンクからチェックしてみてくださいね。

BMI計算の仕方

 

食事内容としては、特に糖質なども制限をせず、時間内に好きなものを満足するまで食べています。

でもマンダリンは基本的に白砂糖やデザートなどの糖分添加物食品は一切摂りません

食事の味付けも基本的には塩、味噌、お酢、お醤油のみです。

wp-1588143819171.jpg*素材のダシで作る長崎皿うどん

 

今後、非常事態宣言か解除されると世界大恐慌が起こるとか、地震が発生するなどと言われていますが、何があってもどこでも這いつくばって生きていけるような体力と知力をつけていきたいと今回のコロナ騒動で再度認識しています。

マンダリンが思うには、これからはオフィスを持たない少人数の個人ビジネスが生き延びて行く時代に入ると思います。

そして大恐慌が来るからこその投資案件の模索を続けること。

毎日暇にすれば暇になるし、勉強を始めるとキリがない。

与えられた時間はみな平等です。

全ては自分次第。

 

いつも目標は高く、そして夢は大きく

いつかこの扉が開いて羽ばたけるまで、粛々と今やるべきことをやっていこうと思います。

 

あともう少し!

皆さんも一緒に頑張っていきましょうね!

それでは今日はこの辺で。

タッター!

ミャンマー和響リミテッド MYANMAR WAKYO CO.,LTD

We provide charter car/ customized tour, special inspection in Yangon, visa/migrating support in Myanmar with warm- hearted English /Japanese /Burmese speaking specialists.

ミャンマー・ヤンゴン発の観光チャーターカー、視察ツアー、移住サポート、各種ビザ取得、代行手続きなどアレンジしております。現地に精通したおもてなしローカルのスペシャリストと安心の日本人スタッフも常駐しております。

 

お問い合わせは🔽こちらから🔽どうぞ!