ミンガラーバー!(こんにちは!)

ヤンゴンからミャンマー和響リミテッドのアレンです!

5月18日から、ヤンゴンも雨季に突入しました。

気温もだいぶ下がり、今ではエアコン無しでも過ごせるくらいになってきました!

今回も本題に入る前に、少しだけ自粛飯を紹介したいなと思います!

まず1品目は、豚と野菜の甘酢あんかけです!

IMG_20200515_124617.jpg

2品目は、豚皮と彩り野菜のサラダです!

IMG_20200516_134555.jpg

3品目は、料理とは言えませんが、オクラの漬物です!

IMG_20200515_124553.jpg

こちらのオクラの漬物は、麺つゆを主に使っていて、ヤンゴンのスーパーでは買えない日本の調味料などは、チャンさんが経営している、「チャンチャンラーメン」にて、今現在は販売しています!

マンダリンが以前ブログをアップしているので、そちらも見てみてくださいね!

ミャンマー・ヤンゴンのチャンチャンラーメンを食べてきました デリバリーもあるよ Yangon Chan Chan Ramen

さて、本題に入りますが、なんと在タイミャンマー大使館は、タイ在住のミャンマー出稼ぎ労働者の、ミャンマー国境への搬送を、22日から開始すると発表しました!

対象とされるミャンマー人は、大使館に帰国希望を申し出ている、1万人以上の出稼ぎ労働者の中から、移動費を支払った方らしいです。

実は3月末に、タイからの帰国者が原因で、ミャンマー国内にコロナ感染が広がるんではないかということで、なかなか彼らはミャンマー に帰れずにいたんですね。

そんな彼らがついに母国へ帰れるということなんですが、それと同時に、ミャンマー国内では、海外からの帰国者、入国者に対する「拒絶反応」さらに起こるのではないかと懸念されています。

これが原因で、また感染者が増えてしまえば、外国人の入国はますます厳しくなるのではないでしょうか。

現時点ではこのような状況がミャンマーでは起こっています。そして、日本人を含む外国人が、以前よりもヤンゴンに住みづらくなってしまっていると感じています。

まだまだ先は読めませんが、分かり次第皆さまに共有していきたいなと思います!

では、タッター!(またね!)

ミャンマー和響リミテッド MYANMAR WAKYO CO.,LTD

We provide charter car/ customized tour, special inspection in Yangon, visa/migrating support in Myanmar with warm- hearted English /Japanese /Burmese speaking specialists.

ミャンマー・ヤンゴン発の観光チャーターカー、視察ツアー、移住サポート、各種ビザ取得、代行手続きなどアレンジしております。現地に精通したおもてなしローカルのスペシャリストと安心の日本人スタッフも常駐しております。

アレン直通電話は⬇️こちら⬇️

ミャンマー和響リミテッド

(+95) 0978-030-9499

メールにてのお問い合わせは⬇️こちら⬇️