ミンガラーバー!(こんにちは!)

ヤンゴンからミャンマー和響リミテッドのアレンです!

最近のヤンゴンは、雨季の時期に入ったと思っていたら、また乾季の暑さに戻ったりを繰り返しています。

そして、コロナウイルスはどこへ行ってしまったのか、ミャンマー人がどんどん外へ働きに出ており、街にも活気が戻ってきています!

以前のブログで、最近のヤンゴンの様子をまとめましたので、ぜひ覗いてみて下さい!

ヤンゴンの街が活気で溢れてきました! ~Yangon is getting to be full of energy~

本題に入りますが、なんとアレンの家の近くのアパートが、自然崩壊したというニュースを聞きました。

「アパートが自然崩壊するって、どういうこと?」

と思われた方もいるかと思います。

日本では考えられませんが、ミャンマーにある特にローカルアパートでは、起こってしまうんです。

IMG_20200602_141315.jpg

こちらが、その自然崩壊したアパートの様子です。

場所はサンチャウンの、Nanda Wun Street にあり、ミャンマーではよく見かける、ごく普通のローカルアパートです。

https://goo.gl/maps/eSyWnqFdMDg4xBYZ8

写真の通り、建物の前には黄色いテープがあり、立ち入りは禁止となっております。

事件が起こったのは、5月30日(土)の夜でした。

急に4階の壁が崩れ落ち、壁と共に家具も一緒に外へと流れてしまい、写真の様に、4階のほとんどが何もありません。

IMG_20200602_141335.jpg

幸いにも、この事件によってお亡くなりになった方はいないそうで、全員助かっています。

それからは、住民と作業員のみ建物内へ入ることができ、アパートの中から全ての家具や荷物を取り出す作業をしていました。

一晩にして、急に今まで住んでいた場所を失うって、日本ではとても考えられないことですよね。

IMG_20200602_141340.jpg

実はこの建物、30年以上前からある、かなり古い建物なんですね。

ミャンマーでは、雨季の時期が約6月から10月にかけてあるので、雨が降って壁にたくさんのカビが発生し、それらが乾ききらないうちに、また雨が降るんですよね。

そうやって長い年月をかけて、外側の壁がついには耐えられなくなってしまい、結果崩れ落ちてしまいました。

IMG_20200602_141400.jpg

家の近所ということもあり、このアパートだけには限らず、ここ一帯はとても危険な建物も、たくさんあると思います。

アレンが実際に現場へ行き、現場の様子を動画でまとめてアップしたので、ぜひ見てみてください!

そんなに長い動画ではないので!

もしもミャンマーに住んでいる方で、ローカルアパートに引越したい人、もしくはミャンマーへ住んでみたい人、

くれぐれも安全に気をつけて、アパートを探して下さいね!

では、タッター!(またね!)

ミャンマー和響リミテッド MYANMAR WAKYO CO.,LTD

We provide charter car/ customized tour, special inspection in Yangon, visa/migrating support in Myanmar with warm- hearted English /Japanese /Burmese speaking specialists.

ミャンマー・ヤンゴン発の観光チャーターカー、視察ツアー、移住サポート、各種ビザ取得、代行手続きなどアレンジしております。現地に精通したおもてなしローカルのスペシャリストと安心の日本人スタッフも常駐しております。

アレン直通電話は⬇️こちら⬇️

ミャンマー和響リミテッド

(+95) 0978-030-9499

メールにてのお問い合わせは⬇️こちら⬇️